企業情報
HOME >> 企業情報 >> TOP MESSAGE
ご挨拶
お客様に選ばれる企業へ
NADIXは時代の変化に対応し、常に最適なサービスを提供いたします。
代表取締役社長 中村 浩
私たちNADIXグループは、地域に根ざした事業活動をもとにお客様のニーズに多様にお応えし、お客様から選ばれ、愛される企業になることを理念とし、取り組んでまいりました。
創業当初は、写真の現像、カメラ販売からスタートし、現在は、事務機器販売・メンテナンス事業、オンデマンド印刷事業、OAサプライ事業と、お客様のオフィス環境にご提案できるサービスを幅広く事業展開しております。
これらはすべて、お客様との接点をひとつで終始するのではなく、より太い絆でお客様と結びつき、信頼のおけるグッドパートナーでありたいとの思いからです。
お客様のご期待に沿えるよう、社員一丸となって邁進してまいります。 今後とも、変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。
代表取締役社長 中村 浩
徒然 NOTE BOOK

みなさん、こんにちは。
ここでは、私が普段過ごす中で感じたことなどを書かせていただきたいと思います。
私の中の「素」の気持ちを書き続けていくことで、新たな「何か」が循環できたら・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

第102号(2017年09月)

会社の「生きざま」

創業57年ともなると当社も色々な事がありました。
社員の独立や同業他社への転職などもその一つです。
自分自身の中で、やるせない思いもたくさんありました。
人の本質は善なのか悪なのか、それがわからなくなってしまうほどの事もありました。

それでも、癌で亡くなる3ヶ月前、父が私に残した言葉。
「社員みんなと力を合わせて頑張ってくれ」という声を心に手繰り寄せては
お客様に対しても「無条件の善で有り続けたい」という信念を大切に
悔しさに沈むより、前を向き、皆で乗り越えてきたように思います。

そんな中・・・
東京出張から、かなり遅い時間に帰社した時のことです。一人の社員が残っていました。その彼から報告があり
「お客様のところで、同業他社に転職した元社員が、当社の誹謗中傷をして帰った」という事実を聞かされました。

幸い、お客様はそんな彼等のことを笑い流してくださっていたそうですが
詳細を聞くほど溜め息の出てしまうような、事実と異なる内容でした。
また、残念ながらお客様を騙すような営業と大差がないようにも思いました。

悔しさというより、大切にしてきたお客様への冒涜のような気にさえなってしまいました。

当社の社員は、私がそのような事をすることを最も嫌っていることを知っているため、どんな場合でも他社批判はいたしませんが、相手に言われたことに反論せず、誠意ある対応のみによって信頼を回復し積み重ねていくことはとても大変なことであるとも感じています。
今回の件では、当社の社員には何の罪も無い事なのに、反論などの冒涜合戦に走ることをしないがゆえに、辛い思いをさせていることに申し訳なくなります。

しかし、何よりも大切なことは
ビジネスにおいても
人としても大切な基本的な実直さを失わないよう心がけていくこと。

お客様に対し
・嘘がないこと
・裏切りがないこと
・営業のために、いたずらに煽ったりしないこと

今までどおり前を向いて皆で頑張っていくということが大切なのだと思います。
静かに真実を信頼していただくという方法の選択は
間違いなく、いつか社員にとって、人としての自負や理念・自信に繋がるはずですし
人生の中での、胸を張れるような「生きざま」そのものにも繋がるように思うのです。

だからこそ
改めてトップとして宣言したい。
これからも当社社員は、正々堂々と、お客様のためにお役立ちすることを使命として精励して参ります。
それが会社としての「生きざま」でもあると信じています。


by Hiroshi Nakamura

 

第101号(2017年08月)

蝉の声

先日、東京出張の帰りに、少し時間が空いたので靖国神社に参拝してきました。

私の叔父も太平洋戦争で亡くなりました。
わずか20数年の命でした。
母によると、私は叔父にとても似ていたそうです。

境内に遊就館という日本の戦争に纏わる歴史資料館があります。
太平洋戦争以前にも日清日露戦争、もっと遡れば鎌倉時代の元冦はもとより、戦国時代からも、国内でも数え切れないほどの戦さが繰り返されてきた事に改めて気づかされます。

  
館内に展示されている特攻で亡くなられた方々のご家族に宛てた手紙【遺書】を読むと、当時どんなにか生きたかったであろう無念の気持ちが一文字一文字の現実感とともに私の心に届き、どれくらいの時間が過ぎたことか、しばらくの間動くことが出来ませんでした。

8月15日の終戦から5日後、樺太郵便局員の10名の女性は、日本が降伏後にも関わらずソ連兵が攻め入ってきたため、集団自決をされたという史実にも心が苦しくなります。
自決の選択をされなかった方々は、結局ソ連兵に爆殺、射殺され、19名もの尊い命が奪われたそうです。 これは終戦後の一つの郵便局での話です。

閣僚の靖国参拝については色々と内外からの意見があります。
しかし参拝してみれば分かりますが、純粋に国を守るために盾となり散華された方々に対し、鎮魂と二度と同じ過ちを繰り返さない誓いをたてる場であるように思いました。

境内に鳴き響く、7日の命を懸命に生きる蝉の声が、戦火に散った叔父の短い生涯と重なり、私自身の、この与えられた今の環境を感謝とともに、「どう生きるか」ということを深く考えてみようと改めて思う日でもありました。

そして、国際情勢も不安定な中、平和へと想いを馳せる人々は今本当に多いと思います。
戦争というと、日常のニュースの中ではグローバルな視野で国同士のバランス的にも捉えられがちですが、その国々に確かに生きている個人個人の声や史実、痛み、悲しみ、後悔、一つ一つの文字から伝わったあの思いそのものが、もっともっと未来の平和への道へと確実に繋がっていくことを願うばかりです。


by Hiroshi Nakamura

 

第100号(2017年07月)

「100号トップメッセージ」

2008年10月に月1回のペースでスタートした『TOP MESSAGE』も、約9年の月日をかけて第100号を迎えることが出来ました。

この9年間を振り返ると本当に色々なことがありました。
第1号を掲載した翌月にリーマンショックが起こり、そこから日本、そして世界は、長い景気後退のトンネルに突入していくこととなりました。

日本は景気が回復(あまり実感はありませんが)する一方で、将来に目を向けると人口減少と高齢化が一段と加速していきます。
世界は自国第一主義に偏向し、テロは一段と激しさを増して来ました。


私たちの住む日本にはどんな未来が待っているのでしょう。
ある週刊誌に{縮小ニッポン}と題して未来を予想していましたのでご紹介します。
・2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
・2025年 80歳以上のガン治療が自費に
・2027年 コンビニが24時間営業をやめる
・2033年 3戸に1戸が空き家に
・2037年 新聞が無くなる
・2039年 所得税が50%、消費税が40%に

何やらとてもネガティブな未来予想に夢も希望も失いそうです。


さて、先週ある講演会に出席した折に、吉田松陰の名言が紹介されました。



この言葉を読み返しながら、23年前に他界した創業者である父のことを想い出しました。
父はこの会社の姿を見てどう思っているのだろう。
私の経営者としての姿を見て、何を忠告するのだろう。
 


私は、トップメッセージ100号の節目に、改めてこれからの「自分のあるべき姿」を見つめ直しチャレンジして行こうと心に誓いました。


by Hiroshi Nakamura

 

第99号(2017年06月)

どのタイプ?

①ハードワーカー(勤勉タイプ)
②チャレンジャー(論客タイプ
③リレーションシップ・ビルダー(関係構築タイプ
④ローンウルフ(一匹狼タイプ)
⑤リアクティブ・プロブレムソルバー(受動的な問題解決タイプ)

先日ある同業の社長から、セールスマンは大体上記の5つのタイプに分けられると教えられました。

どう見ても私は③だと思いましたが、今は②だそうです。
そこそこの関係構築程度で買ってもらえる時代ではなく、少し提案力が必要なソリューション型営業での関係構築タイプが成果を上げるのは上記のタイプの中で最下位と聞かされ驚きました。

ではチャレンジャー(論客タイプ)の特性とは・・・
・顧客に独自の視点を提供する
・双方向コミュニケーションのスキルに優れている
・顧客のバリュードライバー(価値向上要因)を心得ている
・顧客のビジネスの経済ドライバー(業績促進要因)を特定できる
・お金の話をいとわない
・顧客にプレッシャーをかけることができる
 

まとめると…
お客様としっかり対話ができ、自分の話を聞いてもらえ、お客様の業務改革や業績向上に繋がる提案ができる。
そして、決してコスト提案に陥ることがなく「これだけの投資費用が掛かりますが御社は投資する意志はお持ちですか」と、まるで意欲が無いならお話はここまでですと切り上げるくらいの営業スタイルなのでしょう。

悲壮感漂うようなお願い営業をされて購入しても、お客様は決して気持ちのいいものではありませんし、危機感も将来性も全てをお客様目線で考え、切り込み、提案するという、ある意味とてもシンプルな「心ある」スタイルなのかもしれません。

そういえば、ゴルフ用品の会社をM&Aをしたにも関わらずゴルフの腕前はどんどん下手になって来て、社長のゴルフスコアがこれでは会社の自社製品に対する信用問題にも発展しかねないなぁなんて考えだしました。
そんな時にあのライザップがゴルフスクールの事業を立ち上げたのです。


 
痩せることへのコミットメントはCMでかなりの信用度を上げた会社ですからゴルフでもかなりの自信ある広告です。
全額返金保証
100を切りたいならまずはスタンダードプランの432,000円

これってまさに論客タイプセールスですよね!


by Hiroshi Nakamura

 

第98号(2017年05月)

働き方今昔物語

私もサラリーマンであれば、あと2年余りで定年という節目を迎えることになります。
本当にあっという間でした。
一方で、春になると社会人一年生が頑張っている姿を見かけ、私自身が三十数年前の新入社員だった頃のことを思い出します。

私は大学卒業後の数年間、メーカーの販社でお世話になりました。
当時はコンプライアンスなどという言葉も形も存在せず、会社は業績がすべてでした。
有給休暇取得など考えられず、風邪で休んでも申請方法すら知りませんでした。

喫煙も自分の机に灰皿が置いてあり、セールスが帰ってくるとたばこの煙で室内は白く煙っていました。

「見て覚えろ」の時代なので、出来ないセールスには今でいうパワハラ暴言は日常茶飯事。
口よりも手が出てしまう上司もいました。(当時の小学校の教師から受けた張り手みたいなものです)


私の課の所長がせっかくまとめた手書きの今月の業績見通し(当時はPCなど有りません)を、「なめとんか! こんなもん受け取れるか」と所長の上長が、その報告書を目の前で破り捨てるのを見て、新入社員の私達はとにかく静かに目線を合わせずじっとしている事しか出来ませんでした。
もっと酷い上司は、部下に向かってガラスの灰皿を投げつけたと聞きます。
当たれば間違いなく病院行きです。(変に息が合うのか、投げる側と避ける側がいつも反対だったのが警察沙汰を起こさない冷静さにちょっと安心したりなんかしました)
特攻隊の日の丸に必勝と書かれた鉢巻きを締め、声をからして目標を叫ばされるのですが、ちょっとでも自信無げな小さな声だったり、いつも個人成績の未達のセールスに対しては「声が小さいんじゃ! やり直し!」。泣きながら10回やり直しをさせられていた先輩がいましたが数か月後に退職していきました。


こんな時代。こんな会社が存在していたのは事実です。
業績を落とす恐怖と、実績が上がった時の胸を張る高揚感。
今では異常なことですが、内容の大小は有れど日本の多くの販売会社で行われていた実態です。

時が変わり働き方も変わってきました。
これから日本の人口はどんどん減少していきます。
将来多くの企業で、外国人比率のほうが高くなっているかもしれません。。
外国人の上司が日本人の部下を叱責しているなんてことが中小企業でも普通に行なわれているかも…

さすがに日の丸の鉢巻を締めてガラスの灰皿は投げないでしょうけどね。


by Hiroshi Nakamura